イーハトーブリーグ IWATE RUGBY FOOTBALL IHATOV LEAGUE
ベイシス スケジュールと結果 チーム紹介 カンファレンス ギャラリー お問い合わせ
トップページ>ベイシス

コンセプト
イーハトーブリーグ チェアマン 千田 美智仁イーハトーブリーグチェアマン就任のご挨拶

千田 美智仁

  まず初めに、岩手県の数多くの皆様、企業、団体の皆様からイーハトーブリーグに甚大なるご厚情を賜りますこと、この場をおかりして心より深く御礼申し上げます。
  2010年シーズンよりイーハトーブリーグチェアマンを任命されましたこと、謹んで承りまして、感謝の気持ちをもって大役を担わせていただきたいと思います。
  つきましては、ここにイーハトーブリーグのこれまでの経過を簡略に振り返りつつ、就任のご挨拶ならびに所信を申し上げますこと、ご了承ください。

  お陰をもちまして、岩手ラグビーイーハトーブリーグは、2007年の創設から3シーズンを経過し、2010年で4年目のシーズンを迎えることとなりました。

  イーハトーブリーグでは、岩手ラグビーの誇りとなるべく釜石シーウェイブスを押し上げる基盤となり、国体で他の都道府県代表に勝るような岩手選抜を編成することを、強化の具体的目標とし取り組んで参りましたが、釜石シーウェイブス、岩手選抜ともに、戦績、内容ともに徐々に効果があらわれて、これからの飛躍に大いに期待するところであります。

  また、イーハトーブリーグは、地域クラブ同士の切磋琢磨と、地域での世代を超えたラグビーの振興を目的の一つとしておりますが、各地域での緑豊かなフィールドでの試合開催による活況とともに、中学生からのジュニア育成にも関与し、イーハトーブリーグが高校生や大学生の将来の目標となる舞台となってきたことは悦ばしいことであり、創設に携わった者として、たいへんうれしく思います。

  2007年は釜石シーウェイブスの選手たちが5クラブに分散してプレーし、2008年には北上フォースと矢巾ノーサイドがジョイントし全国大会を目指すことで4クラブの対抗戦となりました。釜石シーウェイブスは宮古釜石ヤングマンにBメンバーを中心に参加。さらに釜石シーウェイブス卒業選手や新日鐵釜石ラグビー部OB選手たちが、身を賭して岩手ラグビーのレベルアップに貢献してくれました。その中で、紫波オックスが東日本クラブトップリーグに昇格したことと、宮古釜石ヤングマンの東北クラブ選手権初出場初優勝という快挙に続き、奥州アテルイも2度目の挑戦で、見事に東北クラブ選手権で優勝したことは大きな成果であったと思います。メッセージに掲げられた、実行と改善、をまさに体現した様相の駆け足でイーハトーブリーグの変遷と向上を成した3年間でした。

  2010年は、自主的に楽しく参加できて、かつ真剣に誇りをもってゲームができるように、さらに運営改善を行い、滝沢イーグルスが盛岡市協会所属クラブとジョイントして参加する4クラブの対抗戦に、釜石シーウェイブスBが単独で紫波オックス、北上矢巾ブレイズラガーと対戦する試合を組み合わせたリーグ編成となりました。東北地区を視野に入れたレフリーの育成や各地域でのジュニア育成の取り組みも継続して実施していくイーハトーブリーグの活動が、釜石シーウェイブスを筆頭に岩手を代表して戦う、すべてのチームの支えになることを願っております。

  2016年の岩手国体優勝、リオデジャネイロオリンピックへの出場選手を輩出、さらに2019年日本国で開催なるラグビーワールドカップに関与していくことを、それまでの目標となる道標ととらえ、イーハトーブリーグの掲げるメルクマールとさせていただきました。夢や言葉だけに終わることなく、岩手ラガーの手で真の栄冠をつかむよう、また、それに向かって絶え間なく努力をし続けることを、イーハトーブリーグに参加する選手たち、支えるスタッフたち、さらに支援いただく皆様とともに、ここに誓いまして、私のチェアマン就任のご挨拶とさせていただきます。
ありがとうございます。


イーハトーブリーグ 初代チェアマン 三浦 信吾 「イーハトーブリーグ」設立に係るご挨拶 皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
また、日頃より岩手県ラグビーフットボール協会の種々活動に対しまして、ご理解とご協力を賜り誠に有難うございます。

この度、当協会におきまして岩手ラグビー王国への復活を目指し、全国初の試みとなるシステムにより新生リーグを立ち上げる事となりました。
つきましては、チェアマンといたしまして一言のご挨拶を申し上げます。

皆様ご存知の新日本製鐵釜石ラグビー部の日本選手権七連覇をはじめ盛岡工業高校ラグビー部の花園での全国優勝等、かつて岩手は「ラグビー王国」の名をほしいままにしておりました。しかし、社会情勢の変化による企業の合理化等、種々要因により岩手ラグビーを取り巻く環境も厳しい状況にあり、県外チームとの対戦において、今ひとつ成績が残せない現状に甘んじております。また、企業チームであった新日鐵釜石ラグビー部は「釜石シーウェイブス」というクラブチームへと変容を遂げ、ジャパン・トップリーグ昇格を目指して下部リーグであるイースト11にて精進を重ねているところです。

さて、今回の新生リーグを「イーハトーブリーグ」と命名させて頂きました。これは、岩手を愛し、岩手の地、それぞれの地域に根ざした活動を展開するという私どもの強い思いを表したものです。運営のコンセプトを「分散と集結」「実行と改善」「連携と共創」と掲げ、日本有数のクラブチーム保有数、天然芝ラグビー場保有数を誇る岩手の実態を「ラグビー資源」と捉え、釜石シーウェイブスを頂点とする巨大なラグビー・ピラミッドを創造し、滝沢、矢巾、紫波、北上、奥州、宮古釜石それぞれの地域を代表する6クラブチームにより県内6競技場をサーキット方式でリーグ戦を展開します。特にも春季の3節は、釜石シーウェイブスの選手を各チームへ5名ずつ派遣することにより質の高いゲームを展開し、ラグビーファンの皆様にも観戦を楽しんで頂けるものと考えております。また、リーグ強化部門によるコーチング、レフリーの育成等、岩手ラグビー全体の底上げを図り、優秀なプレーヤーの釜石シーウェイブスへの登用も可能として釜石シーウェイブスのトップリーグ昇格へも寄与できるものと考えており、更には「東日本クラブ大会」等、各カテゴリーでの戦績向上を図るものであります。

最後になりますが、皆様におかれましては是非、ラグビー場に足を運んで「イーハトーブリーグ」を観戦いただき、無我夢中でボールを追う青年達へ大きな声援を頂ければ幸いと考えます。
私ども岩手県ラグビーフットボール協会はラグビーフットボール競技を通じて岩手の地に何かしら社会的貢献が出来ればと考えておりますが、まだまだ未熟である故、これまで以上の皆様からのご支援とご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げまして「イーハトーブリーグ」創設に係るご挨拶とさせて頂きます。


コンセプト
 いよいよイーハトーブリーグがスタートします。
  岩手県の地域を代表するクラブ6チームが、トップレベルの釜石シーウェイブス選手とともにリーグ戦を闘うという、日本で初めての県内クラブリーグの誕生は、かつて、あまたの日本一を手中におさめ、数多くの日本代表選手を輩出し、常に日本のラグビーをリードした姿から「ラグビー王国」とまで称された黄金の歴史を取り戻すために、岩手県ラグビーが総力をあげて取り組むデベロップメント計画の初弾ともなる一新紀元を画すものです。
  県北、県南、沿岸それぞれの地域や街を代表する6チームが、それぞれの土地に散らばっているところ、イーハトーブリーグに挑むために一同に会して、激しく戦うラグビーを展開する。そこに地域の誇りがあり、負けない気持ちがあり、友情がある。
  シーウェイブスの選手とともに、もっともっと高いレベルのラグビーを目指して、切磋琢磨する中から、「ラグビー王国」復活のため、岩手を代表するそれぞれのチームが、東北地域へ、関東地域へ、そして全国のステージへ。
  さらに大きく飛躍して、愛する郷土に栄冠を持ち帰る日の来ることを、きっと必ず、夢から現実にするために、イーハトーブリーグから、いわてラグビーが生まれ変わる。


コンセプト
 岩手県内の1085人(2006年3月現在)が登録するクラブ社会人のカテゴリーの中で、最も競技レベルの高いトップクラブチームによる地域を代表する6チームのリーグ戦を通じて、コーチング部門セレクターの審査を通過したメンバーが、岩手県を代表するチームを編成します。「チーム岩手」として県外の全国規模のステージにチャレンジするのは、イースト11からトップリーグを目指す釜石シーウェイブス。ノースリーグからイースト11に挑む北上フォース。そしてクラブチームの全国一を競うため、イーハトーブリーグ優勝チームはクラブ選手権に参戦します。
  岩手県地域代表のクラブ同士の戦いは、やがて来る全国への挑戦への布石となるもの。県外の強豪と、どうやって戦えば勝利を収めることが出来るのか、コーチング部門では、チーム岩手にマッチした戦略、戦術を、イーハトーブリーグを通じて完成させていく企図のもと、レフリー、メディカル、総務そして各エリアと連係し、試合毎のカンファレンスで、岩手県のラグビーナレッジを共に創り、共有していきます。
  この前代未聞の岩手県ラグビーあげての強化への取り組みは、同時に、地域クラブが、街や地域の自治体、企業からの応援を受けながら、試合参戦、試合開催に取り組むことによって成し遂げられます。共創と連係で、チーム岩手がチャレンジ


コンセプト
分散と集結
  ※6チームの分散した本拠地で、各試合日ごとに岩手ラグビーが集結してラグビーフェスティバルを催す。
※岩手代表になる機会を均等に分散させ、リーグは試合日ごとに集結して実施し代表選考を行う。

実行と改善
  ※まずは実行して、効果をはかってチームを増やしていくことも可能にして方法はどんどん改善していく。
※トップクラブに入らないチームを対象にしたベンチャーリーグを実行して、クラブ運営全体を改善していく。

連係と共創
  ※レフリー、コーチ、メディカルなど各部門の研修の場を設けて連係しながらラグビー技術を共創する。
※試合日、参加選手全員が連係するファンクションを実施して、岩手ラグビーを共創する。
※レフリー派遣によって、プレーの向上とレフリングの向上を連係させて、岩手ラグビーの強さを共創する。


規約
平成19年5月1日施行
岩手ラグビー・デベロップメント・プロジェクト巌鷲 イーハトーブリーグ規約はこちら
(PDF)


運営マニュアル
平成19年5月29日施行
イーハトーブ運営マニュアルは
こちら(PDF)

↑ページの先頭へ

Copyright(C) IWATE RUGBY UNION IHATOV LEAGUE ご意見 LINK集